So-net無料ブログ作成
プレイバックシアター ブログトップ

第56回ビヨンド・ザ・フェンスのご案内 [プレイバックシアター]

ひとりひとりの中にある語られない物語・・・その魅力に気付かせていただき、さまざまな可能性を見せていただいているのが橋本久仁彦さん率いるシアターザフェンスによる「ビヨンドザフェンス」。定期的に開催されるプレイバックシアターの公演ですが、今回は私が講師を務める「小さな勉強会」と同日・近隣会場での開催です。どうぞ感性を刺激する2つのコンテンツの梯子をしてみて下さいね。


■日時:2010年8月7日 土曜日  14時半開場15時開演~16時30分まで。
■会場:フェンススタジオ(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線
「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分
■参加費:1000円

シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

 このパフォーマンスは・・・
 ① きっと、毎月行われます。  
 ② おおむね、小さなスペースで行われます。
 ③ おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)の
    メンバーによるパ フォーマンスが行われます。
 ④ 必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
 ⑤ すべからく、参加された方のどんなお話であっても、
   アクターは誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
 ⑥ もとより、このパフォーマンスは存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、
    地球上に生きるすべての人々の「語られなかった物語」に捧げられるものです


□ブログ内関連記事:http://atl-since07.blog.so-net.ne.jp/2008-07-12-6

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

公園で散策しながら「プレイバックシアター」 [プレイバックシアター]

大阪で活動をされているプレイバックシアター・ラーニングスペース代表・劇団大阪プレイバックシアター代表の藤崎育子さんのお誘いで、ピクニックのようなプレインバックシアターを体験してきました。ゴールデンウィークのはじまりの日を、心地よい屋外でのんびり過ごしつつ人体のつくりだす美しさを再確認した1日でした。


日時:2009年4月29日(水)10:30~夕刻
場所:大阪市 鶴見緑地公園内にて


プレイバックシアターに関するブログ内の記事は下記をご覧下さいませ。
http://atl-since07.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300274637-1

★藤崎育子(かぜのすけ)★プレイバックシアター ラーニングスペース  ~創造する力が生み出される・内在するぷれいばっく~http://pt-naizaisuru.radilog.net/




続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

第36回ビヨンド・ザ・フェンスwith岡山六都美 [プレイバックシアター]

橋本久仁彦さんの主催されるシアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターを行う劇団の名前)によるビヨンド・ザ・フェンスに2回目の参加をしてきました。

 

ビヨンド・ザ・フェンスとは                                                        ・きっと、毎月行われます。
・おおむね、小さなスペースで行われます。
・おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)の
 メンバーによるパフォーマンスが行われます。
・必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
・すべからく、参加された方のどんなお話であっても、
 アクターは誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
・もとより、このパフォーマンスは
 存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、
 地球上に生きるすべての人々の
 「語られなかった物語」に捧げられるものです。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プレイバックシアター「人生のフィルムの一端を観る」/京都精華大学公開講座 [プレイバックシアター]

 『プレイバックシアターは、1975年にジョナサン・フォックスによってアメリカで生み出された、即興の心理劇。具体的には、参加者の中からテラー(「語り手」)・アクター(「表現者」)・ミュージシャン(「音を奏でる役」)を募り、テラー(「語り手」)が自らの体験を話す。それをアクター(「表現者」)が打合せなしに即興で演じますが、さらにミュージシャン(「音を奏でる役」)は音で表現します。ベースとなるやり方で進めていきますが、その場に集まった、一人ひとりを大切にする気持ちをもちながら行われます。』 (精華大学の講座募集のテキストより引用・編集)。

2008年11月30日(日)京都精華大学

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ビヨンド・ザ・フェンス(小さな公演) [プレイバックシアター]

『シアター・ザ・フェンス』というのは、橋本久仁彦さんが主宰されているプレイバックシアターを行う劇団の名前です。私が橋本さんと出あったのは、ちょうど1年くらい前。CIMJという、コンタクトインプロビゼーションのダンスワークショップフェスティバルの会場でした。ダンサーではない、小柄なおじさん(笑)が、なぜダンスワークショップの現場にいるのか、彼への興味はそこからスタートしていたかも知れません。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート
プレイバックシアター ブログトップ
メッセージを送る
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。