So-net無料ブログ作成
検索選択

白河直子ソロダンス/エタニティ [ダンス/プレビュー]

私がコンテンポラリーダンスと出会う、少し前。H・アール・カオスが愛知県芸術劇場で伝説的ともいえる超大作を上演しています(2002年)。オーケストラ演奏と合唱による『カルミナ・ブラーナ』です。私はこの作品をライブで見られなかったことが本当に悔しかったんですよ(笑)。ダンス評論に携わる人間として、あの作品を見逃してしまったのは大きな損失だとさえ思ったくらい。そのあと、彼女たちの公演があるのを待ちに待って、世田谷パブリックシアターで初めてライブで作品を拝見したときの感激はとても大きなものでした。

2008年にダンスオペラのシリーズで『神曲』の上演の際には白河直子さんのワークショップにも参加し、舞台上の激しさとはまったく異なる印象の、優しく穏やかな彼女の指導に驚かされたりもしました。舞台に立つ方は、なぜかこんなふうにギャップがある方が多いですね。そこがたまらなかったりする(笑)。

私が拝見してきたH・アール・カオスの舞台では、天と地を激しく往来する感覚に襲われました。両極端の感情、両極端の状況、それらを激しい速度で行き来することで生まれるあらゆる情動と感傷・・その奥に続く闇のような静寂、、、それは見るものを揺さぶり、深淵な世界に引き込んでしまう力を持っていました。振付家・大島早紀子さんの独自の美学といってしまうのはカンタンですが、美しさと恐ろしさのようなものを同時に感じますね。

今回の『エタニティ』は6年ぶりの新作となるとか。会場は愛知県芸術劇場の小ホールで、ソロダンス公演。これまでは大劇場で複数のダンサーを配しての大規模な作品が多かった印象が強いので、いったいどんな作品になっているのか大変興味深く感じます。公演のフライヤーには「伝説の復活、新たな神話の誕生」とありますが、まさにそんな気がしますね。

2016年という年に、どんなH・アール・カオスの世界が広がるのでしょうか。この目で見届けたいと思います。
(めっちゃ気合入ります~☆)


■日時:2016年7月1日(金)-3日(日)

■場所:愛知県芸術劇場小ホール

★詳細:http://www.aac.pref.aichi.jp/syusai/eternity/index.html


続きを読む


メッセージを送る
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ