So-net無料ブログ作成
検索選択

逸青会/尾上 菊之丞・茂山逸平 [tradition]

舞踊批評家の大先輩から「本当にいいものを見るということは、とても大切よ。」と勧めて頂いたのが尾上 菊之丞(日本舞踊)さんでした。舞踊というものを知る上では、いろいろな分野の優れた作品にふれる必要性を強く感じていましたので、それ以来、菊之丞さんの作品は機会があれば拝見するようになりました。で、今は研鑽を超えて、すっかりファンになってます(笑)。

ご紹介するのは、狂言の茂山逸平さんとのコラボレーション企画。日本舞踊って、ちょっと敷居が高いイメージがあったのですが、菊之丞さんと逸平さんという存在が舞台の上で同時に存在することで独自の空気感が生まれているように思います。堅苦しさはなく、美しさと可笑しさを同時に味わうことが出来るんです。以前のプレビューでも書かせていただいたのですが、菊之丞さんの舞踊を通して感じたのは、舞踊家がいかに純粋な美の世界を見ることが出来るかが大切だということ。私たちは舞踊家の舞う姿を通して作品世界にふれることになりますが、言い換えれば「美の世界を見ている舞踊家を見ることで美の世界を知る」わけです。彼らは、舞姿によって観客を特別な時空間へと導く力量が求められるんですね。そういう意味で尾上 菊之丞さんの舞姿から、私はいつも格別な美を体感させて頂いているなって感じています。他では得られないことかなと思っています。あ、ちょっとファン過ぎますか(笑)?

京都東京の二会場で上演。ぜひ、格別な美と軽やかな可笑しみを味わいにお出かけ下さいませ。


■日時と場所:
2015年11月28日(土)@京都 金剛能楽堂
2015年11月29日 (日)@13:00/16:00(2回公演)

詳細は尾上流のHPをご覧下さい。
http://onoe-ryu.com/kikunojyo/newinfo/index.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ