So-net無料ブログ作成
検索選択

七ツ寺共同スタジオ40周年記念出版『空間の祝杯Ⅱ』に寄稿しました。 [しごと]

名古屋・大須にある小劇場、七ツ寺共同スタジオ。この劇場が40周年を記念して、ステキな本を出版しました。七ツ寺共同スタジオと縁の深い劇団や、劇作家、評論家、小説家、美術家などが寄稿していて、劇場の歴史や名古屋のアングラ界の歩み、これからの展望などが綴られていて、読み応え十分です。貴重な写真も多数挿入されていますので、資料的価値も高いのではないかと思います。

私がこうしてダンスやアートを言葉にするようになったのは、舞踏家の笠井叡さんのワークショップを受けたことがきっかけなのですが、それは双身機関の代表、寂光根隅的父さんが主催したものでした。まあ、Arts&Theatre→Literacyという屋号を使うようになったきっかけも、実は寂光的父さんだったりします(経緯は割愛)。そういうご縁もあって、私は双身機関の劇団の歩み(=劇団ファイル)を執筆させて頂きました。1995年の劇団立ち上げから現在までの代表作や劇団の特徴などをご紹介しました。1つのカンパニーを線で追いかけることの大切さを再確認した仕事だったと思います。

ぜひ、お求め下さいませ。

*執筆者の一例:
諏訪哲史、天野天街、はせひろいち、坂手洋二、平田オリザ、佃典彦、水谷イズル、安住恭子、海上宏美、唐津絵理、高橋綾子、うにたもみいち、古田一晴、加藤智彦、籾山勝人、杉山準他


■七ツ寺共同スタジオ40周年記念出版 空間の祝杯Ⅱ-連動する表現活動の軌跡-

http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=6215983


 
メッセージを送る
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ