So-net無料ブログ作成

パフォーミング・アーツ・ガーデン2012 [ダンス/プレビュー]

表現活動に限ったことではないと思うのですが、要は片想いじゃさみしいなってことです、ハイ(笑)。あ、いや、片想いだって切なくて好きなんですけど、せっかくなら両想いってのもいいじゃないですか(なぜか言いわけしてる?!)。
作品をつくるアーティストがいれば、それを受容する鑑賞者が必要ですよね。だけど、作品が作品として生まれるまでのプロセスや生まれた作品を鑑賞者に届けたり知らせたりする存在がなければ、作品(アーティスト)と鑑賞者をめぐる循環は成立しません。舞台芸術でいえば、アーティストと観客、制作者という3者がこの循環の中で1つになる必要があるのです。

一般的にはアーティストに脚光が当たるわけですが、アーティストだってはじめからアーティストとしての歩み方を理解しているわけではありませんし、制作者もいきなり理想的な動き方が出来るわけではありません。先ずは、その在り方などを学ぶ必要があるのですが、机上の空論ではやはり現実的な循環をまわしていけません。それは、社会人になったばかりの学生さんが会社生活で悪戦苦闘するのと同じ。誰にとっても、はじめの学びや経験は大切なんですね。

この『パフォーミング・アーツガーデン』は、愛知芸術文化センターが独自に取り組む「アーティスト」と「制作者」を育てる実践プログラム。地元の若手アーティストや制作者が、実際の公演を前提にして学ぶ場なんですね。アートマネジメント講座(座学)をずっと運営してきたセンターが、実践の場についても細やかにステップUPを促している。なかなか他にはみない取組みかな、なんて思います。

この企画、そうはいっても観客にも魅力的な内容です。地元の若手アーティストの表現にふれることができるだけでなく、国内外で活躍するアーティストの先鋭的な表現も楽しむことが出来ますから、かなり贅沢☆無料公演だというのも、お正月明けのオサイフにはうれしいですね(笑)。

以下に主催者からのインフォメーションを転載します。
ぜひ、遊びにいらして下さいね!


■日時:2012年1月7日(土) 14:00-

■会場:愛知県芸術劇場小ホール(愛知芸術文化センター地下1階)

この公演は、「愛知を拠点に活動している若手パフォーマー」を公募し、劇場作品を創造・上演することを通して、若手パフォーマーがそれぞれのレベルアップをはかる場を提供すると共に、ジャンルを超えて若手アーティストが同時に集まることによって、多くの方々に彼らを知っていただく機会を設けるものです。

今回は、地元で活動する30組の応募者の中から「他ジャンルとのコラボレーションや先鋭性の高くチャレンジ精神を感じる身体表現(新人優先)」という視点で選考された10組の作品をご覧いただきます。ダンスを中心に、映像を多用した身体表現作品や演劇的な作品、ダンスと音楽のコラボレーション作品など、幅広い作品が集まりました。

さらに、本公演は公募で選ばれたアートマネジメント実践講座受講生が公演の制作を行っております。出演者だけではなく、制作者やデザイナーなど、舞台を作り上げる若手人材も同時に育成していく事業となっております。

また今回は、特別ゲストとして、ネザーランドダンスシアターなどの世界的なカンパニーで活躍後、スウェーデンで創作活動を続ける大植真太郎氏率いるC/Ompany(シースラッシュ)にご出演いただき、2月に横浜にて発表する新作の一部も上演いたします。メンバーの柳本雅寛氏、平原慎太郎氏のほか、ここでは、愛知県出身
でシディ・ラルビ・シェルカウイのダンサー兼アシスタントとしても活動している工藤聡氏の参加が決定しており、愛知特別バージョンでご覧いただきます。詳しくは、下記のHPをご覧ください。

・愛知芸術文化センターHP
http://www.aac.pref.aichi.jp/frame.html?bunjyo/jishyu/2011/11pag/index.html
・アートマネジメント受講生作成HP http://pag2012.ninja-web.net/index.htm


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 1

ATL

Xml_xslさん、いつもありがとうございます☆
by ATL (2012-01-05 00:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。