So-net無料ブログ作成
検索選択

日本演劇学会秋の研究集会「公共劇場のゆくえ」 [イベント/レビュー]

静岡県にある静岡県舞台芸術センター。日本を代表する演劇の発信拠点だと思います。2007年に芸術監督が鈴木忠志さんから宮城聰さんに代わられましたが、印象としてはより多くの人に開かれた演劇拠点をめざされているように(HPなどが重厚で格式ある先鋭的なイメージから、ややポップな感じになったように)感じます。

ただ、個人的には宮城さんに代わられてから、タイミングが合わずこちらの劇場になかなか伺えなくなってしまっていました。興味深い試みがなされているだけに、とても残念でした。劇場に伺わなくなると、自然と情報も入りづらくなってしまうので、余計に足が遠のいてしまいます。
そんな中、数年前に知り合ってすっかりご無沙汰している方から今回のご紹介をいただきました。私のことをご記憶いただいていたことに先ず感激でしたが、劇場側の細やかな配慮にも感激しました。静岡県舞台芸術センターは実は交通アクセスが快適だとは言えないのですが、それをカバーするように無料バスを配車しているのだそうです。通っていたころは、高速道路を使ったり新幹線を使うなど交通費も負担の1つでしたから、これはとてもうれしいことだと思います。こうした細やかな配慮の積み重ねで、より豊かな日本の演劇人口が育まれていくことを願います。


日本演劇学会秋の研究集会「公共劇場のゆくえ」シンポジウム
「公共劇場のゆくえ 創造の拠点をいかにつくり継続できるか」

■日時 11月1日(日)13:30~15:30
■パネラー:岩松了(兵庫県ピッコロ劇団代表、劇作家・演出家)、永井聡子(静岡文化芸術大学)、宮城聰(SPAC芸術総監督)、
■司会:清水裕之(名古屋大学大学院教授)
■会場:静岡県舞台芸術公園内 楕円堂
■(参加費 1,500円)

SPAC秋のシーズン2009

『夜叉ヶ池』 演出:宮城聰  作:泉鏡花  出演:SPAC
日時:11月1日(日)16:30~18:00
会場:静岡芸術劇場
(チケット代金 一般4000円、同伴(2枚)7000円、学生2000円 10名以上で団体割引1割引になります)

*バス情報は(続きを読む以下をご覧下さい)

■静岡県舞台芸術センター:http://www.spac.or.jp/

***************

■上記の公演とシンポジウムに合わせて
名古屋-静岡間の<無料>往復バスが運行されます。
(『夜叉ヶ池』観劇のみの方も、無料でご乗車いただけます。)

バスの運行予定
9:00  名古屋 名古屋駅前太閤口 ビッグカメラ前発
→13:00 静岡 舞台芸術公園着予定

18:30  『夜叉ヶ池』公演終了後 静岡芸術劇場発
→22:30頃 名古屋駅前着予定 解散


<バスのお申込み方法>
1、氏名
2、ふりがな
3、人数
4、当日ご連絡のとれる電話番号
上記情報を、メール(bus@spac.or.jp)まで、
件名を<名古屋バス11/1(乗車される方のお名前)>として、ご連絡いただければと思います。
なお、定員に達し次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。


<チケットのお申込み>
チケットのお申し込みはSPACチケットセンター054-202-3399

*******************

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 1

文化芸術 DVD

件名を<名古屋バス11/1(乗車される方のお名前)>として、ご連絡いただければと思います。
なお、定員に達し次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。

by 文化芸術 DVD (2011-11-22 16:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ